2011年04月26日

震災から一ヶ月以上がたちました

震災から1ヶ月たった4/15.16と牡鹿半島、女川へ物資を届けるために行ってきました。
言葉でなかなか表現できずようやくblogにしてみようと思いました。
詳細はこちらになります。

帰ってきてからももうなにから考えていいのかわからず。
何から手をつけていけばいいのかわからない状態でした。
家の屋根が残っていたらいいほう。
基礎しか残ってないところがたくさんあったり。
一ヶ月もたつのに車がひっくり返った状態であちらこちらにまだ残っていて。

軽トラックでブイを集めている漁師さんらしき人もいて新しく歩いていかないとという気持ちが伝わってきました。

被災されているのに皆様とても笑顔で物資をお渡しすると「私達は大丈夫です、もっと困っている人があちらに行ったところにいるので」という返答があったり。
同じ被災した人同士での思いやり。

笑顔。

あそこまですごい状態になってしまうともう笑っているしかないでしょうね。
悲しむ時期は終わったというふうに思いました。
前向いて笑っていこうよって。

時間がとてもかかると思います。
牡鹿半島、女川の人々から教えていただきました。
できることをできる人ができるときにやればいいんです。
無理は禁物。
長期戦ですから。

そして通常の生活があっての人を思う心。

来月7日、もう一度物資を運搬してきます。

なかなかtoday's beerという気分になれませんでしたがこれからも少しずつ私のできることしていきます。



posted by okp at 14:52| Comment(0) | SxTxU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。